Posted on: 2021年3月18日 Posted by: kepro-keio Comments: 0

【KEPROウェブコンテンツ:留学と就職活動の両立】

留学を考えている塾生の皆さん、こんにちは!

本日は留学を検討する際に、おそらくどの塾生も悩む就職活動について留学するタイミング別でお送りします。

 

【ケース1:2年秋学期から留学(第1, 2期)】

留学期間中に本選考を受けることはほとんどありません。一方で、帰国する時期が3年前期(5~7月)であることから各社のサマーインターンシップのエントリーが始まっています。それなので、インターンシップの書類選考で落ちないために自己分析をはじめ、ウェブテスト対策やエントリーシートのある程度のブラッシュアップをすることは必要です。

 

【ケース2:2年秋学期終了後から留学(第3期)】

2020年はコロナウイルスの流行に伴い様々なインターンシップがオンライン開催でした。それなのでたとえ日本国外にいたとしても参加しやすい状況でした。一方で今後はどうなるか分かりませんので、インターンシップのオンライン開催がない前提で進めさせていただきます。

 

留学期間中に様々なインターンシップが開催されています。それなのでインターンシップへの参加は困難です。一方で帰国時期が12月中であるケースが多いので、年明け以降の本選考は十分間に合います。自分の志望業界の本選考のスケジュールはどうなっているのか、またインターンシップからの採用が多いのかを留学前に調べておいたほうが良いです。

留学期間中は帰国後の本選考に向けて自己分析、エントリーシートのブラッシュアップ、ウェブテスト対策をしておくと安心です。

 

【ケース3:3年秋学期から留学(第1, 2期)】

留学前に参加できる範囲でサマーインターンシップに参加しておきましょう。この時点で広く浅く業界を知っておくことで、秋以降にある海外でのキャリアフォーラムでの参加姿勢や帰国後の留学生採用への準備が変わってきます。

 

キャリアフォーラムの開催時期と場所は様々なので公式サイトから検索してみてください。

キャリアフォーラムに行くために準備すべきことは2点あります。

  1. 航空券・ホテルの予約
  2. キャリアフォーラムのページから興味のある企業に事前エントリー

→企業によってはエントリーシートやオンライン面接が必要な場合も

上記以外にも企業研究、日本語・英語の履歴書作成、ウェブテスト対策など様々な準備が必要なため、キャリアフォーラムの2カ月前から準備を始めましょう。

一応、キャリアフォーラムでは事前エントリーなしで履歴書を企業に提出できるウォークインという仕組みがあります。当日履歴書を提出し、書類審査に合格すれば面接に進みます。ただし、注意点は「ウォークインを受け付けていない企業もあること」と「ウォークインを出せる学生に条件がある場合があること」です。

重ね重ねにはなりますが、キャリアフォーラムに参加する予定なら時間の余裕をもって興味のある企業について事前に情報収集しておきましょう!

 

次に帰国後の留学生採用についてです。これに関しては企業によって採用数や採用フローは異なりますので帰国前から調べておきましょう。総じて言えるのは、一般採用に比べると採用数は少なく、留学経験がある人たちの中での争いということもありきちんと差別化して選考に臨む必要があります。

 

このように、4年で卒業しようと思うと留学中から様々な準備が必要であることから、就職活動を1年ずらす(卒業を遅らせる)人も多いのが事実です。卒業をずらすことがマイナスに感じる人がいるかもしれませんが、留学生活をより充実させたものにさせるという意味では「有意義な時間への投資」ともいえると思います。

 

【最後に】

様々なケースをお送りしてきましたが、まずは当初の留学目的を忘れずに有意義な留学生活を読者の皆さんには送ってほしいです。自分のキャパシティーと相談しながら、留学と就職活動を両立してください!